恋愛コラム

元カレと復縁するには?よりを戻す為に必要な冷却期間

元カレと別れたけどやっぱりもう1度付き合いたい!

焦って復縁を迫りがちになりそうですが、1度心が離れてしまった場合、冷却期間が必要と言われています。

そこで今回は、どのくらいの冷却期間を設けたら良いのかまとめてみましたので是非参考にして下さいね!

【喧嘩が原因の場合】

喧嘩が原因で別れるに至った場合は、その場の勢いもあると思うので、お互いが反省をすれば復縁は可能だと思います。

どの喧嘩の場合も深く反省し、同じ過ちを犯さない様、改善に努めましょう。

 

大きな喧嘩

冷却期間→1週間~3週間

大きな喧嘩をして勢いで別れてしまった場合、普通の口論以上に頭に血がのぼり、冷静な判断力を失っているので少し長めの冷却期間が必要です。

遅くても1週間くらいで落ち着き冷静に考え出し2週間経過するまでには今度は後悔の気持ちが沸いてきます

相手も悔やんでいるこの時期に「ごめんね」と謝る事ができれば、相手も「俺も悪かった、ごめん」と歩み寄ってくれるはずです。

逆に長い期間置き過ぎてしまうと、他の女性に相談したくなり、自分の味方をしてくれる女性に傾いてしまうかもしれないので注意しましょう。

そして冷静に考えている間は、自分の悪かった部分や、喧嘩になった原因を探し、自分に全く非が無い場合も彼のプライドが傷付かない様、顔を立てて復縁の話を持ち掛ける様にしましょう。

 

意見の違い

冷却期間→次の日~1週間

どちらが悪いという訳ではなく、お互い引き下がらずに口論が激しくなり結果的に破局となった場合、彼氏の意見に同意する形を取り、復縁の話を持ち掛けましょう。

この場合、どちらかが折れないと平行線を辿ったままで、いつまで経っても寄りを戻す事が出来ないからです。

 

自分に非があったにも関わらず喧嘩になった場合

冷却期間→2週間~3週間

明らかに自分に非があったにも関わらず、売り言葉に買い言葉で喧嘩腰になり別れてしまった場合、謝っても彼の機嫌が戻らない場合は、逆に何度も謝ると更に嫌われる可能性があります。

この場合、2週間程度冷却期間を取ってから連絡してみてください。

そして冷却期間中は、反省と同時に今後またこの様な事が起きた場合の対策を考える期間と、悪かったなと思う部分の改善に努める期間にあてて下さい。

 

度々喧嘩をしていた場合

冷却期間→1ヵ月~3ヵ月

何度も喧嘩が積み重なった結果破局となった場合、顔を会わせる度に喧嘩になるという悪いイメージが元カレの中に残ってしまっています。

その為少し長めの冷却期間が必要となります。男性は、彼女には癒しを求める傾向があるので、冷却期間を設けてる間に自分を大きく改善しましょう!

よっぽどの事では怒らない、口うるさく言わない等、以前とは全然違う自分に変わらないと復縁は難しいです。

 

 

【浮気が原因の場合】

浮気自体とても酷い行為に変わりありませんが、男性と女性それぞれで浮気の内容、冷却期間が違うので、そこを理解した上で行動しましょう。

 

元カレが浮気した場合

冷却期間→6ヵ月

男性が浮気をする場合の主な理由が
"性欲を満たしたいから"
"他の女性からも自分が認めて貰えてると知って嬉しかったから"

等、自分の欲を満たす為に浮気をする場合が多いです。

なので、冷静になって反省させる期間が必要になってきますし、同時に自分も浮気されたショックから立ち直る為の冷却期間が必要になってきます。

"一時の気の迷い"等で相手が本当に反省して誠意を見せてきている場合なら最短の1ヵ月
そうではない場合は6ヵ月くらい。

浮気相手の事が本気で好きで、彼から別れを告げられた場合は、元カレの心はその女性へと向いているはずなので、暫くは何をしても届く事は無いでしょう。

相手との関係が落ち着いてくる6ヵ月~1年くらいと、状況を見ながらあいさつ程度に連絡を取り、その間は自分磨きを頑張って、浮気相手の女性よりやっぱり良いなと思って貰える様に頑張る期間としましょう。

 

自分が浮気した場合

冷却期間→6ヵ月~1年

女性が浮気をする場合の主な理由は、"寂しかったから""彼がかまってくれなくなったから"等、暗い気持ちになった時に空いた穴を埋める為に浮気をする人が多い様です。

男性に比べて性欲等自分の欲の為に浮気をする人は少ない様ですが、
女性と違って、男性はプライドが高く繊細な為、浮気をされたと知った場合、心に深い傷を負ってしまい、立ち直るのにかなりの時間を有する場合が高いです。

加えて、復縁出来る可能性も格段に下がります。

無いに等しい可能性にはなってしまいますが、ゼロではないので、ひたすら謝り、言い訳は一切せず、浮気相手とは関わらないと断言し、実行したら、お互い話し合った上で冷却期間を設ける様にしましょう。

その際の冷却期間は、最短で半年、最高で1年くらいは必要になってくるでしょう。

 

 

【自分に非があった、不満が募って振られた場合】

冷却期間→3ヵ月~6ヵ月

あなたの悪い所、不満に思う所があり、別れた方が楽だと思えるまで耐えて来た結果なので、復縁には時間を要します。

彼の気持ちを変える為にも、会わないと決め、連絡も絶ち、振られた原因を解決する事に専念しましょう。

そして、次に会った時、以前より成長できた自分を見て貰って、
「以前とは違う!」
と思わせる事が出来れば、復縁の可能性が高まります。

 

 

【自分からふった場合】

冷却期間→1ヵ月

愛想を尽かして相手を振ったものの、
やっぱり元サヤに戻りたいと思った場合、その瞬間に連絡を取りたくなると思いますが、まだ日が浅い時は相手も1度冷静になる時間が必要な為、連絡は控えましょう。

相手がまだ傷ついている状態で復縁を迫っても混乱させてしまうだけです。

 

 

【束縛や嫉妬が原因の場合】

束縛や嫉妬は、する側は自己嫌悪に陥り、された側は度が過ぎると鬱陶しい行為で、2人の関係を壊してしまう結果に。

でも、逆に言えば愛情の裏返し。

その嫉妬する気持ちをうまく抑える事が出来れば、お互い良好な関係が築け、復縁が可能なのです。

 

相手が原因

冷却期間→1週間~2週間

元カレが嫉妬して別れを切り出してきた場合は、
「もっと自分を見て!」
という思いが積もりに積もった結果なので、その気持ちに素直に従って、
「あなたと他の人への気持ちは違うんだよ」
と安心して貰えるくらい大好きな気持ちを伝えてアプローチしましょう。

そして、嫉妬や束縛が重すぎて辛い場合は、その気持ちを相手に伝える事で、良好な関係が築けるはずです。

 

自分が原因

冷却期間→1ヵ月~3ヵ月

相手の事が好き過ぎて、常に他の人を”羨んだり”、”妬んだり”、”憎んだり”、行動の制限をさせたりしていませんでしたか?

どれも度が過ぎると別れの原因に。

嫉妬心が募り、つい衝動で自分から別れを口にしてしまったという場合は2週間くらいの冷却期間で大丈夫ですが、
相手が我慢の限界で別れを切り出してきた場合は、少なくても1ヵ月くらいの冷却期間が必要になってきます。

その冷却期間の間に、
”夜型生活を止めて規則正しい生活を送る”
”もっと自分を大切にする”

この2つを心がけましょう!

夜寝て朝起きるという生活を心がけるとメンタルも落ち着いてくるはずですし、自分を卑下するのではなく、
「頑張ったね」
「凄いね」
と自分で自分を誉めてあげて、自己肯定感を高める事で変われるはずです。

そして、スマホ等の様々な依存体質を減らす様に努力する、つまり新しい事にチャレンジする!これを実行する事で、彼への依存心も減らす事が出来るでしょう。

 

 

【彼氏が仕事を優先した場合】

冷却期間→1ヵ月~3ヵ月

本当に仕事が忙しい場合もありますが、距離を置くのではなく別れを選んだ場合は、仕事以外に原因があると思っておいた方が良いでしょう。

どちらにしても、冷却期間が必要です。

本当に仕事が忙しい場合、男性は恋愛より仕事を優先する傾向にあるので、邪魔をしてしまうと”重い”、”鬱陶しい”と思われるし、
他に原因がある場合も、”しつこい”と思われかねないからです。

その為、どちらの場合も1ヵ月以上は冷却期間を設ける様にしましょう。

その間に、過去の自分を振り返って、悪かった部分を探して改善し、次に会えた時に新しく変われた自分を魅せれる様に努力しておきましょう。

 

 

【円満に別れた場合】

冷却期間→1ヵ月~6ヵ月

お互いに話し合って別れた場合、暫く冷却期間を設け、元カレを自由にさせてあげるのが1番ベストです。

焦って復縁を求めても、あなたの印象が悪くなり、復縁が遠退くからです。

冷却期間中は、別れの原因を考え、しっかり解決する期間だと思い、前向きに過ごす様にしましょう。

 

 

【彼氏の趣味の時間を奪ったから別れた場合】

冷却期間→1ヵ月

男性とは、付き合う前や付き合い始めは自分の時間を彼女の為に使いますが、次第に自分の時間を一番に考えるようになってきます。

別れの原因が自由な時間を奪ってしまったというのなら、復縁の際には自由な時間を奪わない事を相手に知って貰わなければいけないので、冷却期間を設ける必要があります。

次に会った時に同じ事を繰り返さない様、新たな趣味を見付ける等しておきましょう。

 

 

【自然消滅・連絡の頻度が下がりフェードアウトされた場合】

冷却期間→1ヵ月

連絡がなくなっていき、自然に別れた様な形になった場合は、敢えて連絡を1ヵ月くらい控えてみましょう。

嫌われて音信不通になった訳ではないですが、もしかしたら連絡を取るのが億劫になっているかもしれないので、すぐには連絡は取らない方が良いでしょう。

様子を見て、沈黙してる間は新しい事にチャレンジする等して、新しい魅力を知って貰う為の期間にあてましょう。

 

 

【心のすれ違いが原因で別れた場合】

冷却期間→3ヵ月

元カレと別れた原因が心のすれ違いだった場合、冷却期間を設けてる間にお互いの行き違った原因を考え、再び会えた時に気持ちの受け止め方を間違えた事をきちんと伝えましょう。

女性は付き合った当時と変わらず、恋愛第一な所がありますが、男性は付き合い始めがピークで、その後は徐々に仕事や友達との約束を優先したりと優先順位が下がっていく傾向にあります。

その辺も理解した上で、今後自分がどうするべきかも考えておく必要があります。

 

 

【友達関係になった場合】

冷却期間→3ヵ月

あなたへの好意がなくなった訳ではないですが、今のままの関係を続けていても元には戻れないので一度距離を置く必要があります。

距離を置き一旦離れる事で、元カレは再びあなたのことが気になるようになり、異性としてまた意識してくれる様になるはずです。

 

 

【性格の不一致、価値観の違いが原因で別れた場合】

冷却期間→3ヵ月~6ヵ月

性格の不一致や価値観の違いが原因で別れた場合、お互いに自分を見つめ直し、相手の事を考える期間が必要です。

価値観の違いや結婚に対する支障があるけれど復縁したいと考えている場合は、よく話し合って、それぞれの考えをお互いに理解し合って、受け入れる必要があるからです。

 

 

【心変わり、気持ちが冷めた場合】

冷却期間→6ヵ月~

彼の心が他に向いてしまったのなら、無理に振り向かせるのは逆効果なので、暫くは冷却期間を取りましょう。

別れてすぐは嫌悪感でいっぱいですが、時が経つにつれて怒りは収まり、思い出が美化される頃までは、新しい私が魅せれる様に自分磨きに専念しましょう。

 

 

【別れを受け入れず何度もすがってしまった場合】

冷却期間→1年

元カレに何度も泣いてすがり付いてしまった場合、別れを決心している彼に迫って更に悪いイメージを与えているので、相当な冷却期間が必要になります。

この先の生活の中で何かきっかけがあり、もしかしたら考えが変わるかもしれません。

が、その時また同じ様な自分だと離れられてしまうのは確実なので、冷却期間中は別れに至った原因を考え、改善し、新しい自分へ変わる努力する期間としましょう。

 

 

【転職や転勤等、遠距離を理由に振られた場合】

冷却期間→3ヵ月

彼の転職や転勤等、環境の変化を理由に振られてしまった場合、まずは仕事や職場に慣れるまでは連絡を一切せず、環境に慣れて落ち着く頃を見計らって相手を気遣うメールやLINEをしてみましょう。

男性は、恋愛より仕事を優先に考えてしまう所があるので、そんな中で復縁を求めても煩わしく思われるだけです。

そして勿論、連絡を控えている間は、自分磨きに専念して下さいね!

 

 

【マンネリが原因で別れた場合】

冷却期間→6ヵ月

マンネリが原因で別れた場合、お互いがお互いを飽きてしまっている状態なので、長期間の冷却期間は必須です。

尚且つ、新しく変わった自分を魅せて、新鮮さを取り戻す必要があります。

ですが、ただ別れるだけでは元カレに新しい相手が出来る可能性が高いので、別れる際に期間を決めてから距離を取ると尚良いでしょう。

 

 

【結婚願望がない場合】

冷却期間→6ヵ月

「結婚を考えられない」という言葉の奥には、”君との結婚は考えられない”、もしくは、”まだ結婚は考えられない”の二通りがあります。

あなたが結婚を考えて別れた場合、前者だと自身を見直して改善する必要がありますが、後者の場合、あなたを思って別れを切り出したはずなので、恋愛感情自体はなくなってないはずです。

その場合は、
「結婚はまだいいから復縁したい」
という気持ちをはっきり伝えない限り、復縁は難しいです。

ですが、焦ってすぐに復縁したいと伝えてしまうと、元カレの中に残っている恋愛感情が、罪悪感に上書きされてしまう為、ある程度の期間を設けてからにしましょう。

 

 

【セックスレスや体の相性が原因で別れた場合】

冷却期間→1年

体の相性が悪くて別れてしまった場合、今までのセックスの方法を改善していく必要があります。

例えば、女性の場合は興奮してない状態で挿入されても痛みや苦痛を感じますし、男性もスムーズな挿入ができないと萎えてしまいます。

キスや愛撫、ハグなどのスキンシップを丁寧にする事で愛情を感じ、幸福度が得られるので、体の相性が悪い場合は、前戯でカバーしてもらいましょう。

セックスレスの場合は、まず自身の見た目を見直してみて下さい。

最初の付き合いたての様な魅力はありますか?
油断して手を抜いていたら流石の彼も萎えてしまいますよ?

後は、アダルトグッズ等を利用して、新たな刺激を与えて興味を引くというのも効果的です。

それと、セックスレスになった頃から肉体的に夢中になっている女性がもしかするといた可能性も考えられます。

こうした場合は、無理に復縁を迫っても上手く行かないので、相手が飽きるまで待ちましょう。

 

 

【婚約を破棄された場合】

冷却期間→1年~

婚約破棄をするという事は、相当な
覚悟と決断が必要なはず。

つまり、元カレは相当あなたの事を嫌っているので、復縁はかなり難しいです。

長い期間を置いて関係をリセットする事が出来たら、もしかしたら可能性があるかもしれません。

その時の為にお互い距離を置き、それぞれの過去を冷静に見つめ直す時間が必要となるでしょう。

 

 

色々なパターン別に紹介してきましたが、冷却期間はおおよその期間です。

絶対ではありませんので、もし復縁を迫って関係が悪化したら…等不安に思う事があるなら、占いで相談して悩みを軽くするというのも1つの方法かもしれませんね!

詳しくはコチラ

 

 

 

【さいごに】

どんな理由で別れたにせよ、ほとんどの場合が冷却期間を必要とするので、それぞれ設けて下さい。

そしてその期間内は、別れた原因を考えて反省し、改善する事に専念する時間として下さい。

新しく何かを始めて、自分を変えるのも良いです。

そて、期間内は一切連絡は取らず、
別れた事がどれだけ悲しくても、いきなり会いに行くのだけは絶対避けましょう!

これらを実行し、守って、冷却期間を終えたら、誕生日やイベント等の特別な日に声をかけてみて下さい。

新しく変わった自分を見て貰う事で、復縁を考えてくれる可能性が高まりますよ!

是非実行して下さいね!

-恋愛コラム
-, , , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 復縁なび Powered by AFFINGER5